• LINE友だち追加
  • メルマガ登録

流行の商品がもらえるイベント、プレゼント情報をお届け♪

  • Ameba
  • Facebook

5/14にNHK「あさイチ」に出演しました

5/14放送のNHK「あさイチ」に出演しました。
テーマは『ごみ箱を見直す』です。
コロナやSDGsの影響で、ゴミへの関心が高まっていますが、これまで「ごみ箱」について話し合うことは少なかったように思います。
でも、モノの循環させるのに「ごみ箱」はとても大切です。
スタッフさんから、「これ絶対に取り入れたい!」と言われた「ごみ箱アイデア」も紹介していますので、よろしければぜひご覧ください。
放送は昨日でしたが、以下の「NHKプラス」からご覧いただけます。
 

「ESSE5月号」の付録『家事ラク手帳』をプロデュースしています

12年前から「夢マップ」を書いています。
一番最初に書いたものを見ると、「本を出したい」「家事グッズを作りたい」「手帳を作りたい」など書いてありました。
それを見ながら12年が経ち、書いたことが少しずつ叶っていきました。
でも、「手帳を作りたい」は難しくて、なかなか実現しませんでした。
 
ところが数か月前に、雑誌の「ESSE」から「付録で家事手帳を作るのですが、プロデュースしてもらえませんか」と連絡がありました。
このような形で声がかかることに驚きながら、「ぜひ、やらせてください!」をお受けせていただきました。
 
「叶えたいこと」と言っても、きっと正統な方法やアレンジする方法など、いろいろあるのだと思います。
今回、手帳を付録というかたちでご依頼いただき、このような実現の仕方もあるのだと気づかせてもらいました。
まだ叶っていない夢もありますが、叶えやすい方法が他にもないか考えてみたいと思っています。
 
そして、今回のこの手帳は、4日2日発売の『ESSE 5月号』の付録になりました。
デザインは愛らしいキャラクターで人気のリサとガスパールです。
ライターの井汲さんが手帳の中のコラムを分かりやすくまとめてくださいました。
よろしければ、ぜひご覧ください。

  

NTTファシリティーズ様のサイト「でんき案内板」に掲載されました

取材していただきました

NTTファシリティーズ様のWebサイト「電気案内版」に、

『家事がはかどる!在宅ワーク中の家事の悩みを知的家事プロデューサーが解決』

という記事で掲載いただきました。

在宅ワークならではのお悩みとその解決策を多数ご紹介しています。

 ぜひ、ご覧いただけたら嬉しいです。

https://www.denki-annai.com/ntt-f/node/4557?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=column

〈家事がはかどる!在宅ワーク中の家事の悩みを知的家事プロデューサーが解決〉

 

「日経プラスワン(3/13発売)」の『何でもランキング』に審査員として登場しています

本日の日経プラスワンの「何でもランキング」に審査員として登場しています。

今回のテーマは「ゴミの削減アイデア」。

プラスチックなどのゴミを減らす動きが高まる中、

個人でできる工夫やテクニックをご紹介しています。

以下のサイトからも読めますので、よろしければぜひご覧ください♪

記事はコチラ

「your SELECT.」で、家事代行サービスの選び方をご紹介しています

Webメディアの「your SELECT.」で、家事代行サービスの選び方を解説させていただきました。
コロナ禍で家事の頻度が増えて、より便利なサービスへのニーズが高まっています。
ですが、初めての人にとっては、「どんな人が来るんだろう」「何をしてくれるの」「どの会社がお得?」と迷ってしまいますよね。
そこで、自分にあった家事代行サービスが選べるように、
・私、本間がやっている家事代行サービスの選び方
・編集部による8社の徹底比較
・ライターさんが実際に使ってみてわかったメリットとデメリット
などを分かりやすく紹介しています。
ぜひ、わが家にピッタリの家事代行サービスを見つけて上手に活用してみてくださいね。
記事はコチラからお読みいただけます。
 

<家事代行サービスを徹底比較!時短家事のプロが選び方を解説>

「クロワッサン 2/10号」で、お金の備えの取材をお受けしました

現在発売中の「クロワッサン 2/10号」で取材を受けました。
今回のテーマは『お金に好かれる人の日々の習慣』です。
今は、2人に1人は90歳まで生きる時代。
そんな時代に困った!とならないためのお金の心得や、
貯まらない人の理由、
お金と気持ちよく付き合っている人の思考と行動のルールを教えてくれます。
私もお金の備えとしてやっていることをお話させていただきました。
書店などで見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。
表紙の目印は、カラテカ・矢部太郎さん描く可愛いイラストです。